リクガメ 餌栽培

【カランコエの育て方】春夏秋冬の注意・工夫点をまとめてみた!


 

冬を代表する花のひとつが、今回ご紹介するカランコエです。花が少なく、さみしくなってくる時期をカラフルに彩ってくれます。欧米ではクリスマス時期の室内の飾りとして使われるんだとか。

 

花言葉は「たくさんの小さな思い出」なんてロマンチック!今回は春夏秋冬の注意点・工夫点のポイントを紹介していきますね☆

スポンサーリンク

【カランコエってどんな花?種類は?】

カランコエというとまず思い浮かべるのは、星のような小花をたくさんつける「カランコエ・ブロスフェルディアナ」という種類がメジャーではないでしょうか。

 

 

でも、カランコエの仲間は形もさまざま、100種類以上もあるんです!「カランコエ・〇〇」という名札がついているものもありますが、ほとんどは〇〇の部分だけで呼ばれています。名前が長いと何かと不便ですしね。

①花モノ

まずは前述した小花のブロスフェルディアナ。「赤・黄・オレンジ・白・ピンク」と豊富な花色がそろい、八重咲きのバリエーションもあります。

 

*八重咲き=花びらが重なって咲く花の咲き方のことで、普通は変わりものとして出現する。花が派手になるので園芸植物では喜ばれる。直径6cmほどの小さいポットで売られていることもあり、寄せ植えにもよく使われます。

 

一方、ブロスフェルディアナと双璧をなすのが、ちょうちんのような花をつけるカランコエ・ウェンディー(エンゼルランプ)。下向きに垂れ下がって咲く、可憐な花です。

 

 

両者は花だけ見ると全く別の種類に見えますが、厚ぼったい葉はそっくりです。

 

 

②多肉モノ

お店ではよくサボテンと一緒のコーナーに並べられている多肉植物の中にも、カランコエの仲間はいます。「月兎耳」(つきとじ)は、ぽってりした葉にふわふわの産毛が生えて、まさにウサギの耳のような可愛らしさ。

 

 

赤く紅葉する「朱蓮」

 

 

「冬もみじ」は多肉植物用の中の貴重な彩りです。

 

③子株モノ

大きく成長した葉の縁にびっしりと子株がつき、ポロポロ落ちて増えるタイプ。その繁殖力にあやかって、子宝のご利益があるとかないとか。

 

「胡蝶の舞」と「子宝弁慶」を交配させた「クローンコエ」(子宝草)

 

 

「マザーリーフ」(セイロンベンケイ)などがあります。

 

子株は土の上に落ちてそのままでも育ちますが、根が生えるまで水栽培してから植えるとより確実です。

 

基本の育て方。

いろんな種類があるカランコエですが、育て方に大きな違いはありません。サボテンみたいなやつと花を同じように育てちゃっていいの⁉︎と思われるかもしれませんが、葉っぱを見てみてください。

 

厚みのある葉が共通していますよね?カランコエはみんな、乾燥に強い多肉植物なのです。育てやすい季節はもちろんありますが、素人でもできる特別な処理をすれば1年中できます。

 

詳しくはこちらの記事が参考になります。

【カランコエの育て方】室内で育てる・花が咲かない?注意点4つ!

 

復習も兼ねてもう一度ポイントを絞って解説しますね^^

 

①水やり

乾燥に強い、ということは裏返せばジメジメには弱いということでもあります。カランコエは根が細く、水やりしすぎると根腐れしてしまいます。

 

春から秋の成長期には、土がしっかり乾くのを待ってからあげるようにしてください。1回の水やりは、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷり。水の量を減らすのではなく、間隔を空けるのがコツです。

 

②日当たり

日当たりを好むカランコエですが、夏場などあまりに強い光では葉が灼けてしまいます。直射日光をレースのカーテン越しに当てるくらいの明るさがベストです。

 

 

③肥料

春と秋には成長するので、液肥を2週間に1度、もしくは固形肥料を月に1度与えるといいでしょう。

 

・夏は暑さで生育がにぶるため、肥料は控えます。

・冬は花が咲いていても、特に必要ありません。

 

④気温

カランコエは寒さに弱く、冬でも10℃以上必要です。暖地以外では室内に取り込みましょう。暖房の風が当たってしまうと弱るので注意!

 

毒があるって本当!?

リクガメさんが好んで食べるカランコエですが、他のペットには要注意です!全体にステロイドの一種が含まれていて、犬や猫(たぶん人間も)が食べると胃腸炎や心臓に影響が出るようです。

 

リクガメさんには美味しいらしく、食べさせている人も多いようですが、被害例は見当たりません。ワンちゃんやネコちゃんを飼っているお家では気をつけましょう!!

 

春夏秋冬の注意・工夫点まとめ☆

カランコエについてあれこれ書きちらしましたが、基本のところをまとめたいと思います。

 

いろんな形があるけど、育て方は同じ。好みのカランコエを見つけよう♪

②乾燥気味、あたたかくて明るいところが好き!

③毒性あり!犬や猫が食べないように注意しよう!

今回は基本の育て方を書いてきましたが、実はカランコエ、花を咲かせる「コツやキレイになる切り戻し」など、お伝えしたいことがまだたくさんあります!別記事にもまとめますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

カランコエの全てがわかる関連記事はこちら☆

【カランコエの育て方】土・植え替え時期について詳しく解説する!!

【カランコエの育て方】 切り戻し(剪定)・挿し木のタイミングは?

【カランコエの育て方】室内で育てる・花が咲かない?注意点4つ!

【カランコエの育て方】冬越し・鉢植えと地植えについて解説!!

家庭菜園をやってみようかな!という方は姉妹サイトへ☆

-リクガメ 餌栽培

リクガメの飼育セット。絶対に押さえておきたいものは?

  リクガメを飼育すると決まったら、色々と準備しなければならないものが ...

リクガメを飼育する上で必要なライトとは?ライトの違いを把握しておこう!

  ライトは、リクガメを飼育するために無くてはならない物ですね。しかし ...

リクガメの飼育でケージ選びのいろはは?

  リクガメを飼育するうえで、なくてはならないものがケージですよね。放 ...

リクガメのケージに観葉植物は良いのか悪いのか?

  リクガメのケージのレイアウトに、アクセントとして緑鮮やかな観葉植物 ...

リクガメの種類で小さいものを教えて!?

  リクガメには大きな種類から小さな種類まで様々いて、好みや飼育環境に ...

リクガメの販売店 東京でお勧めの4店舗をご紹介!

  東京にはたくさんの爬虫類ショップがあり、どこのお店に行けば良いのか ...

リクガメ販売店。通販でおすすめ三選はこちら!!

  リクガメの飼育グッズを揃えようと思った時、通販を利用する人は多いで ...

リクガメを飼育する。野外で気を付けたいこと4つ!

  屋外飼育の良さは、何といっても太陽の恩恵を目一杯うけられることです ...

リクガメの飼育で冬に欠かせない物とは?寒さを上手に乗り切ろう!

  リクガメにとって冬の寒さは大敵ですよね。皆さんは、愛亀のためにどん ...

フトアゴヒゲトカゲの値段は色で決まる!?私的一覧まとめ☆

  フトアゴヒゲトカゲの値段は色で決まる?の記事です。フトアゴヒゲトカ ...

フトアゴヒゲトカゲ 寿命はどれくらい?他の動物と比較してみた!

フトアゴヒゲトカゲ 寿命についての記事です。フトアゴヒゲトカゲってどのくらい生き ...

フトアゴヒゲトカゲの種類(モルフ)一覧と値段を比較してみる!!

フトアゴヒゲトカゲの種類(モルフ)一覧の記事です。フトアゴヒゲトカゲって本当にた ...

フトアゴヒゲトカゲのケージでおすすめは?ケージ無しの放し飼いもありなの!?

フトアゴヒゲトカゲのケージでおすすめを紹介する記事です。ケージはフトアゴヒゲトカ ...

フトアゴヒゲトカゲのケージで自作のものをいろいろ紹介していきます!

フトアゴヒゲトカゲのケージで自作を紹介する記事です。皆さんのフトアゴヒゲトカゲの ...