リクガメ 飼育

リクガメの飼育でケージ選びのいろはは?

2018/11/19


 

リクガメを飼育するうえで、なくてはならないものがケージですよね。放し飼いにも憧れますが、衛生面や健康面を考えるとやはりケージは必須です。皆さんはどんなケージをお考えですか?ケージにも様々な種類があり、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

 

リクガメに一番合ったケージを選んであげたいですね。そこで今回は、リクガメの飼育には必需品であるケージの種類についてご紹介させて頂きます。皆さんのケージ選びのお手伝いになれば幸いです!

 

時間がないケージの自作が無理の方は定番セットが実はお得。

リクガメを飼育する時のお勧めのケージは?

リクガメを飼育するうえで、なくてはならないものがケージですよね。放し飼いにも憧れますが、衛生面や健康面を考えるとやはりケージは必須です。

 

皆さんはどんなケージをお考えですか?ケージにも様々な種類があり、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

 

住まいに広いスペースがあり、柵で囲ってリクガメを飼うという方は少数派ですよね。メリットは動く範囲が広くなり、運動にもなる、デメリットは住まいのスペースが占領される。

 

といったところでしょうか。それでは他のケージを見ていきましょう!!

 

ケージを選ぶ際の3つポイント!!

ケージを選ぶ際にどんなことを注意すれば良いのでしょうか。3つ紹介していきたいと思います!!

 

・まずは大きさですが、ケージの大きさは、リクガメが20㎝前後の大きさに育つ場合、運動をさせるという前提ですと最低でも90㎝以上のスペースが必要と言われています。

 

(理想は120㎝)がしかし、現状、リクガメを飼うヒトは60cmから揃えて様子を見る方が大多数です。

 

そして扉は、前開き出来るタイプの方が、リクガメにストレスを与えにくい上に、飼い主さんも世話がしやすいためお勧めです。

 

・通気性が確保できるものを選びましょう。リクガメの飼育には適度な湿度は必要になりますが、過度な蒸れはカビや細菌繁殖の原因になります。リクガメの健康維持のために、ケージ内の換気を心がけて下さい。

 

・なによりリクガメに冷えは大敵です。保温保湿に優れたものを選びましょう。

 

スポンサーリンク

ケージの種類、メリットとデメリット

 

リクガメのケージには、ガラス製、アクリル製、木製の3種類があります。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

  • ガラス製ケージ

メリットは、耐久性に優れているので紫外線の熱などにも耐えられます。また、傷もつきにくいので、多少のひっかき傷も安心です。デメリットは、重いので掃除など持ち運びの際に大変なことです。

画像 https://goo.gl/bXZ8iJ

  • アクリルケージ

メリットは、軽いので持ち運ぶ際に楽だということです。デメリットは耐久性がないことと、傷がつきやすいことです。


画像 https://goo.gl/MNQjKv

  • 木製ケージ

メリットは、保温性、通気性に優れていることです。デメリットは、床材を敷いた時にカビが生えやすいということです。

画像引用 https://goo.gl/okHyb3

ゲージの変わりに衣装ケースでも飼える?

 

衣装ケースは安価で手に入るほか、様々な大きさもあることから、リクガメの飼育だけではなく様々な小動物を飼う際に衣装ケースを利用している人も少なくないようです。しかし、プラスチック製の衣装ケースは、耐熱性に乏しいことから、熱をかけたことにより変形する恐れがあります。リクガメには加温器具が必須なことから注意が必要です。

また、熱がこもりやすいことから特に夏場は屋外での飼育に危険が伴います。衣装ケースで飼育をする際は、安全で、かつリクガメが快適に過ごせる方法を考えたうえで利用しましょう。

 

ゲージを手作りする派の人も!

 

「市販品に思ったものが見つからない」などの理由から、リクガメの木製ケージを手作りする人も多いようです。市販品を購入するよりも遙かにコストダウンができるほか、部屋の形に合わせて自由設計できるところが自作の魅力です。

 

材料の寸法などは手作りした人のHPを参考にし、材料をホームセンターなどでカットをしてもらえば、あとは組み立てるのみとなり、DIYが初めてという人もさほど難しくはないようです。電動ドライバーなど、ある程度の工具の購入は必要ですが、ケージを何度も買い替えることを考えたら安いのかもしれません。

 

引用:https://goo.gl/2NJScU

 

我が子に、世界に一つだけのケージをいかがでしょうか?

 

まとめ

 

ケージ選びって迷ってしまいますよね。それぞれ良い点もあれば悪い点もあって、どれが正しい選択なのか考えてしまうかもしれません。リクガメを飼育している人のブログやHPをチェックしたり、お店の人に聞いたりしながら自分のペットに一番合いそうなケージを見つけてあげて下さいね。

 

・部屋の観賞用としてリクガメを飼育したい。部屋の景観も重要だ!!と言う方は → ガラスのケージ 

 

・見かけよりも、とにかくリクガメを飼いたいという方 → アクリルのケージ

 

・普通では物足りない、こだわり派だ → 木製のケージ

 

・いいとこ取りしたい!!だけど、迷っている → 飼育セット

 

 

 

リクガメ飼育セットは人気で売り切れ続出!!代用可能はこちら↓↓

 

 

私はけっこう、部屋の観かけとかにこだわるのし、ライトとかで暖めるので変形とか心配なので、やはりやや高いかもしれませんが「ガラスのケージ」を選びました。その後、カメの成長を見て自作も楽しそうでいいなって思いますよー♪

 

 

みなさんもこれを機会に、リクガメを何故飼いたいのかを考えてみると、自然と自分の欲しいケージが決まってくるかもしれませんよ。

それでは今日も楽しいリクガメライフをお過ごし下さい!!

 

-リクガメ 飼育

リクガメの飼育セット。絶対に押さえておきたいものは?

  リクガメを飼育すると決まったら、色々と準備しなければならないものが ...

リクガメを飼育する上で必要なライトとは?ライトの違いを把握しておこう!

  ライトは、リクガメを飼育するために無くてはならない物ですね。しかし ...

リクガメの飼育でケージ選びのいろはは?

  リクガメを飼育するうえで、なくてはならないものがケージですよね。放 ...

リクガメのケージに観葉植物は良いのか悪いのか?

  リクガメのケージのレイアウトに、アクセントとして緑鮮やかな観葉植物 ...

リクガメの種類で小さいものを教えて!?

  リクガメには大きな種類から小さな種類まで様々いて、好みや飼育環境に ...

リクガメの販売店 東京でお勧めの4店舗をご紹介!

  東京にはたくさんの爬虫類ショップがあり、どこのお店に行けば良いのか ...

リクガメ販売店。通販でおすすめ三選はこちら!!

  リクガメの飼育グッズを揃えようと思った時、通販を利用する人は多いで ...

リクガメを飼育する。野外で気を付けたいこと4つ!

  屋外飼育の良さは、何といっても太陽の恩恵を目一杯うけられることです ...

リクガメの飼育で冬に欠かせない物とは?寒さを上手に乗り切ろう!

  リクガメにとって冬の寒さは大敵ですよね。皆さんは、愛亀のためにどん ...

フトアゴヒゲトカゲの値段は色で決まる!?私的一覧まとめ☆

  フトアゴヒゲトカゲの値段は色で決まる?の記事です。フトアゴヒゲトカ ...

フトアゴヒゲトカゲ 寿命はどれくらい?他の動物と比較してみた!

フトアゴヒゲトカゲ 寿命についての記事です。フトアゴヒゲトカゲってどのくらい生き ...

フトアゴヒゲトカゲの種類(モルフ)一覧と値段を比較してみる!!

フトアゴヒゲトカゲの種類(モルフ)一覧の記事です。フトアゴヒゲトカゲって本当にた ...

フトアゴヒゲトカゲのケージでおすすめは?ケージ無しの放し飼いもありなの!?

フトアゴヒゲトカゲのケージでおすすめを紹介する記事です。ケージはフトアゴヒゲトカ ...

フトアゴヒゲトカゲのケージで自作のものをいろいろ紹介していきます!

フトアゴヒゲトカゲのケージで自作を紹介する記事です。皆さんのフトアゴヒゲトカゲの ...